一歩、一歩・・。

後、一週間で8月も終わりですね。今年も「五山の送り火」を自宅で見ながら夏の終わりを感じていました。 今年の送り火は、震災の問題で色んな事がありながらも無事に終わった事を京都に住む住人としてホッとしています。

昼間から、送り火の作業をされている方々を遠目で応援しつつ、午後8時に大の文字に火が灯され、暗闇の中にくっきりと浮かび上がる様は何度見ても感動します。

 

去年は会社の再建の目処が立ち、数年に及ぶ葛藤から少し解放されて、この「送り火」を眺めていたのを記憶しています。

今年は、僕自身の私生活で色々と問題を抱えた年でもあります。僕の40代は全てのつけを返済しているのかな?そんな思いで自分自身と向き合ってる今日この頃です。

僕の人生のスタートは、お世辞にも裕福とは呼べない家庭に生まれマイナスからのスタートでした。

だからマイナスをゼロにする為に必死で生きた20代、30代だった気がするんです。

「マイナス」を持っている人間にとって、それを解消しようとすることは、人生の大きな「動機」になる。「動機」は「行動」を産み、「行動」は「充実」を産む。

しかし、「ゼロをプラスにする」ことに動機を持ち、なおかつそれを実行することが出来る人は、それほど多くはない気がする。 その為には、狂気と言われるレベルまで自分を追い込まなければ無理だと思うのです。

そういう人を天才というのでしょう。 だから、僕は凡人だった。 僅かの成功で奢り高ぶり売上至上主義に陥り、創業当初に描いていた志を忘れた時期もありました。

家族に対しても家庭を顧みないダメな夫であり親父だったのかも知れません。

まあ、そういった事を含めて最後のツケを返済したという事になるのかも知れません(苦笑)

だから、今日から心のリセットボタンを押して新たなスタートを切ろうと思います。 

話は変わりますが、先日、ジェムケリー京都本店で実施された陣内智則×ジェムケリーのジュエリートークショーに足をお運び下さった皆様、誠にありがとうございます。この場を借りてお礼を申し上げます。

 

ジェムケリーの京都本店が笑いの渦になり、多くのお客様から、「今日は本当に楽しかったです」。という嬉しい言葉をたくさん頂きました。

関東の方でも企画して欲しいという要望もいただいたので、今後の宿題とさせていただきます。

そして、先日は少し遅れた阪神タイガースの桧山選手の誕生日会が東京であり、久しぶりに僕も弾けてきました(笑)真ん中は浅井選手です。

 

 

 さて、2011年も3分の2が過ぎ去ろうとしていますが、人生はイロイロですね。若いころから仕事中心で、「マイナスをゼロにする」ことに動機づけられ、「人生を楽しむ」ための修行をこれまで積んでこなかった僕は今、残された人生の楽しみ方を模索しているのも事実です(汗)

ここ数年の悪い夢はこのネックレスに食べてもらいましょうか(笑)

 

 今日、心のリセットをした。 リセットはスタートボタンをまた押すこと、何度も押してる姿って、なんか俺「3日坊主」みたいや。 しかし、3日坊主もすごい才能だなぁ…って思おう!て決めた。 人生て、いろんなスタートボタンが並んでいるんですよ。また、ボタンが見えた人から押したらいい。

では、また♪

limo service chicago