10年ぶりに新入社員の研修をしました!

先週の4/12火曜日から4/16土曜日まで5日間ですが横浜支社まで久しぶりに新入社員の研修に行って来ました。

会社も少しづつ大きくなるにつれて、自分で新人研修するのは10年ぶりでした。

来年の創業20周年に向けて東京へのフラッグショップの出店と、薄れつつある自分のイズムとDNAを濃く受け継ぐ人材を育てたいという強い想いで研修に臨みました。

久しぶりに来た横浜は良く晴れ渡っていました。

合計28時間に及ぶ研修の中で自分が経験して来た全てを凝縮して教育してきたつもりです。

やはり組織は「人」だと思います。「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」武田信玄公が残されたあまりにも有名な言葉ですが、組織つくりはまさに人材を育てることから始まるのだと思います。

私は他社からのスカウトやヘッドハンティングは基本的に好みません。一からジェムケリーの文化やイズム、DNAは真白な状態であればあるほど浸透しやすいからです。

今年は全国の支社へ自ら教育で周りたいと思います。その後は幹部やベテランに委ねたいと思いますが、ベテラン社員が新入社員がどのような影響を与えるかも大切です。

 最高の先輩は、新人の向上心に火を付ける。

優秀な先輩は、実践してみせ理由を考えさせる。

良い先輩は、理由を説明する。普通の先輩は、結論を教える。

悪い先輩は、無視する。

そして、最悪の先輩は、会社への不満をひたすら吹き込む。

ブログを読んでる貴方はどのような先輩ですか?

では、また♪