冬の景色 春遠からじ

しかし、今年はよく雪が降りますね。

今日は休日でジムで汗を流して、外へ出たら大雪でした。 家かえって家の窓からカメラのシャッターを切って二枚の写真を撮りました。

一枚は雪で覆われた山々の写真です。

降りだした雪は、あっという間に、家の窓からの景色を真白に変えてしまいました。しかし、自然の力とは凄いですね。さっきまで緑色の風景が目の前に広がっていたのに一瞬で白銀と化してしまいました。

やはり、天気予報を事前に調べて出かけないとダメですね。 人間の力では雪を雨に変えることも、ましてや晴天にすることは出来ませんが、雪だと事前に分かっていれば傘を携帯したり、車のタイヤをスタッドレスに変えたりすることが出来ます。

会社の経営や健康管理にも同じこと言えますね。 経済の流れや加齢は変えれませんが、備えることは出来ます。

そして、極寒の雪の中でも見事に咲く花があります。 日本のGDPも中国に抜かれ世界3位になってしまい、決して私たちにとっては良い状態であるとは言えませんが、企業家として極寒の中でも綺麗に花を咲かせたいと、雪の中で咲く花を見ながら強く想いました。

「麦わら帽子は冬に買え」これは相場をする人の格言ですが、こういう経済状況の時期だからこそ、やれることが沢山あると確信しています。

「冬来たりなば春遠からじ」逆境の時代をジェムケリーはひたすら耐え忍んできました。

私たちは、穴を掘り、冷たい風や雪を避け、厳しい冬の時代を切り抜け春の訪れを待っていたのです。

では、また♪