中野猛オフィシャルブログ

第27期の始まりです!ReBoot & VARTIX

今日は4月1日で新しい年度が始まりました。

そして来月は誕生日がやってくるので56歳を迎えることにになります。

還暦までの4年間の過ごし方を今後を深く考えています。

まあ、昨年までは60歳まで走って、60歳以降は会社を誰かに任せて悠々自適にと考えていましたが、なかなかそういう訳にはいかないのが仕事であり人生なのかも知れません。

DSC_0979仕事というものは上に行けば行くほど簡単に言えば窮屈というか余暇が少なくなります。

私の1ヶ月のスケジュールなんて瞬く間に秘書に埋められていくわけですが(苦笑)

しかし「忙中閑あり」というじゃないですか。日々、スケジュールがパンパンの中で、

 

ホッと一息つける

 

「閑」

 

の存在によって、その「閑」を楽しんでいます。読書もトレーニングも「閑」ですね。

 

「自由は不自由の間にあって存す」福沢諭吉さんの名言ですが、これも誠に真をついた言葉だと思います。

とはいえ、その不自由な人生の選択をしているのは自分です。

誰かに強制されているわけでも何でもない。

結局は自由なのです。 そして、その自分が選択した人生の中でどう生きるか?

そこが一番大事ですよね。

桜は年に1度だけ、しかも10日程度だけ思い切り咲きます。

そして、散った後、来年の満開に向かって準備を始めています。

 

fullsizeoutput_497b

 

仕事と似てますよね。「よっしゃ!このビジネス上手いこといった!」まあ、一瞬で終わりです。

いつまでもつづかない。つづくわけがない。Aというビジネスの花が咲いた瞬間からBというビジネスの花を咲かせる準備に入らなきゃいけないのです。

30歳で創業して15年経ったくらいの45歳くらいから、次世代の社長を育てようと悪戦苦闘して10年以上経ちましたが、まあ、最近は難しく考えずに自然に任せようと思ってます。

IMG_2973のコピー

人生100年時代と言われています。

確かにロータリークラブの先輩方の中にも70歳を目前とされてる人でも、全く年齢不詳の方などもチラホラおられます。

私も70前後になっても年齢不詳と言われる自分の基礎をしっかり作りたいと思います。

今年はホントに新しい自分へのチャレンジの年にしたいと思っており、盛りだくさんの1年になるかと思います。

 

「忙」と「閑」を楽しみながら良い27期を過ごしたいと思います。

まあ、人なんて勝手な生き物で、潤沢に存在するものに対しては価値を見出しにくいようです(笑)

逆に、希少であればあるものほど、その価値を高く感じるもの。

であるならば、皆が求めてやまない

 

「閑」

 

も、ゆとりがあり過ぎると、むしろ、せっかくの価値を価値だと感じ取れずに、

簡単に浪費してしまうのだと思います。

さて!27期!中野猛!頑張ります。

To be continued