チャレンジ!

自分の人生を振り返ると波乱万丈だなと…(笑)

人から見て、いい人生かどうかは別として、まあ、オレなりに人生を楽しめてるなと…最近思えます。

最近はホントに忙しくて、空いてる時間が無いほどの過密なスケジュールで動いてます。

先週の土曜日に香港から帰って、東京を行ったり来たりで、今日は会議が終わって、

また、大阪に移動中ですよ。
でも、最近、自分でまた、ひとつ、悟りとまで言うと生意気ですが、少し達観できたことがありました。

人生や仕事のことを真剣に考えるのは面倒です。

多くの人は、それが重要であればあるほど、何も考えないようにして、同じ失敗を繰り返す。

こういう人は実際に大きな問題にぶちあたらないと、自分の生き方を見つめなおそうとしない。


まあ、オレみたいにブチ当たり過ぎる人生も精神的にイイとは言えませんが(笑)

IMG_3985先週は香港で開催された世界で一番大きなWatch & Clock Fairに参加してきました。

こういった商品を作りたい!こういうモノがあればイイ!多くの意見が社内外で出ます。

ものすごく重要なことだし、そういう自由な発想の中でしか新しいモノは誕生することは無いでしょう。

しかし….『言うは易し行いは難し』なんです。

生きてると世の中では、驚くような夢物語を聞かされます。

だいたいの話が「あるわけないでしょう…」でたち消えてる。

オレはやると決めたら”全身全霊”でそのことに取り組んで行きます。

まず、自分で動くし、分からなければ、この目で確かめてみる。

すると、見えてくるんです…現場の苦労が….。

IMG_4048

”お前ら、こんなに苦しい思いで、この仕事に取り組んでたのか!?”そこで初めて、現場の改善案を自分でも考えられるようになるのです。

オレも社員と一緒に、いや、それ以上に頑張らないと!そう思えるんです。

トップと言うのは、下手をすると錯覚に陥りやすい職位です。
自信は「健全な傲慢さ」とも言える。
確かに傲慢は自信のひとつかも知れない。でも、怖い精神状態なのです。
成功体験が大きければ大きいほど、社長やリーダーは「危ない傲慢さ」に囚われ、自分を見失ってしまう危険度が高くなる。

だから、こうやって、社員と一緒に汗を流す。 一緒に苦しむ。 声に耳を傾ける。

IMG_4093企画から、本当にたった一つの商品が出来るのに、すごい時間がかかる。

「アホ!早くやれ!」確かにオレは言う…。

でも、その苦労を共有して言うのと、思いつきで言うのでは”天地の開き”がある。

今日やれること。
それに関して言うだけでなく、見せてあげる。

それが社長なんです。

少なくとも、オレはそう思ってる。

社用車で運転手の後ろで常は、ふんぞり返ってても、いざ!という時は車から降りて、自分でカバン持って自分で歩く姿を見せてあげなきゃ。
そういうことを積み重ねていかないと、組織の信頼は生まれないし、遠くの大きな目標は近づいてこない。

IMG_4386

また、自己満足かも知れないけどイイ作品が生まれますよ。

ホント…。

では、また。

 

こちらも、宜しく→OH! MY!! GACKT!!!