中野猛オフィシャルブログ

気がついたら…32年。

光陰矢の如しといいますが…。

気づいたら32年も営業職で飯食ってます(苦笑)

まさか、社長にまでなって、こんなに営業職が続くんなんて想像もしなかったなあ。

 営業職なんて自分では、チョー向いてないって思ってましたからねえ….。

まあ、何でもコツコツとつづけてると花は咲くものなのかも知れませんね。

何でもそうですが、やる前から「ムリ!」とか「出来ません」って言葉が大嫌いなんです。

だいたい、限界を超越して初めて変化が見えて来るじゃないですか。

水も99℃までは液体だけど、後1℃で気体になる。

0℃までは、やはり液体やけど、−1℃になると個体になる。

大体の人が、後、少しってとこで挫折する人が多い。

仕事はモチロンのこと、ダイエット、禁煙、肉体改造。

<<社長室は孤独と向き合う場所>>

社長業も24年目に入った…。

思い返すと創業当初の10人くらいが一番楽しかった…。

基本的には100人超えると社長って凄い孤独なんです。

一番、多い時は670人まで増えて、一番減った時でも100人は切らなかったから、やはり強烈な孤独が伴うんです。

でも、孤独ともしっかり向き合って顔晴らなきゃ!

 

でも、努力してる人を見て「あいつ、暑苦しい!あははは!」とか言って笑う奴って多いですよね。

オレは、そういう自分では、なに、一つ努力もしないで人のこと笑ってる暇があったら「オマエも少しは、努力してみろよ!」

そう、言ってやるんですよ。

恥ずかしいのは、懸命に努力して成果がでる過程の無様な期間じゃない。

努力もしないで、安全な場所でモンクばっかり言ってる奴が見てて一番イタイ。

陰口や悪口言ってる暇があったら、一番苦しい最初の一歩を踏み出す行動力が一番大事やと思うんです。

 


Facebookにも書きましたが、この間、休日を利用して、お墓の掃除と、お墓参りに行ってきました。

滝のような流れる汗を拭いながら、お墓の掃除をして墓前で亡くなった父や兄と、久しぶりに語りました。

オレ…イロイロあったけど、やはり頑張るわ…。

なんかねぇ、何の才能も無いけど努力する才能だけあるみたいやし、負けへんわ。

一時期は、会社も大変で自律神経失調症で不眠症になり、1時間毎に目が覚めて、毎日3時間から4時間しか眠れない時期もありました。

オレみたいなポジティブな人間でも、そういう状態になるんだなと思った…。

でも、そういう時は引きこもったら絶対にダメなんです。

そういう時こそ、人はトレーニングをしたりしてカラダを動かす…汗を流す。

そしたら、墓前で天から亡くなった親父と兄貴から「オマエは集中力の塊みたいな男やからなあ…(笑)」

そんな声が聞こえてきました。

病気と真正面から向き合う「気」が大事なんです。

IMG_2855

テレビなどで余命いくばくもないガン患者が登場したりしますよね。

口調に、その生き方に凄さを感じさせられる。残された貴重な時間を有意義に使おうとする。

オレも、自分の生きがいとも言える会社の「死」というものに数年前に直面した。

残された貴重な時間の中で、自分はどう生きるべきかを考えた…。

その時に思ったのは、二つの道があった、会社を閉鎖して自社ビルを貸してのんびり暮らす。

最悪の状況の中でキャッシュが底をついて一文無しになるかもしれないけど頑張る。

結局は厳しい方を選びました(笑)

ともすると人は惰性の毎日を送りがちだが、時折、こういう岐路に立って考えることも大事なのです。

 

今は、ホントに厳しい方を選択した自分を褒めてあげたい…。

 

8月も3分の1が過ぎました…。

今は、良く眠るようになりました(笑)

さあ!また、歩こう。

では、また♪

 

GACKTのブログマガジンOH!!MY!!GACKTで中野猛のコーナーを執筆中です!