jewelryを想う・・。

2014年も、後1ヶ月で終わりますね。

そしてjewelryを扱う私たちにとっては、1番忙しい時期になります。

先頃ですが、実家の奈良にあるAEON MALLアルルさんで、少し変わったイベントをさせていただきました。

「jewelryお手入れ会」というイベントです。

BnRwP-mB-2Q5a0OAPP_cJDzDmuIO3oiKer9lw7DJOmI

まあ、普通のjewelryイベントのブースにしか見えませんが・・・。

よーく見てください。

JmWKxWwnCRNZ32EPwzlUAoe6ekiZ4W4PcrnxYrLqyEk

うちの職人がブースで直接ジュエリーの修理や簡単なリフォームをその場でやってしまうという企画です。

まあ、うちの会社がメーカー機能を昔から充実させて来たからこそ出来るのですが・・。

これからの本当のジュエラーの仕事ってなんだろう?

最近本当に良く考えます。

完全に飽和した業界の中で大事なのは『Re』なのじゃないのだろうか・・?

少子高齢化が進む中で地方都市から商業施設が消えて行く・・。

今あるものを再生させることの重要性を感じるのはオレだけなんだろうか・・?

41

これからは『Re』と付加価値やその人だけのオリジナルジュエリーなどの提案が大事なんじゃないかなあ。

それから本当のEcoだとかReSale jewelryも市民権を得つつとあると思うのです。

でも、ReSale jewelryはそのことをしっかり伝えることが大事だと思う。

平気でネットでReSale jewelryをうちは安いですみたいなのは止めて欲しいし、やっちゃいけないことでしょう。

ヴァージンルースとは、やはり価値は別にしないと・・。

石を購入するときは、それぞれの人の思いがこめられたモノがやはり多いですからね。

LJwizexjmfROUs3Fo_yzABpacC3KdxkLUel7Noi1SJoのコピー

 

さて、今年は神威学園の役員で登校してます。

学園祭でお会いしましょうね!

そして、会社の改革も何度もやりましたが(まあ、終着点はないか)今回も完成したと思います。

常識って何ですか?改革は非常識と呼ばれる遥か先にイノベーションが隠れている。
そこは、一般常識という枠から飛びださないと通用しない領域である。
会社の幹部や社員に理解される事のない孤独に打ち勝って初めて到達できる険しい道なんだと毎回痛切に感じる。

一度、引き算してから足し算しなきゃね

では、また♪

 

GACKTのブログマガジン OH MY GACKTで中野猛のコーナーを執筆中です。