お金儲け…。

この表現を多くの人が嫌う。
オレは、嫌いません。 だって綺麗ごとでは世の中は生きて行けないし。

そして、そんな人に限って必ずこう言う。
貴方はお金があるから、そういうことが言えるんだ。
貴方はお金があるから、いいじゃないですか少しぐらい・・。
勘違いしてもらわないでほしい。
生まれた時から、目の前にお金があった訳では無い。
多くの人は、同じように服を着てない裸で生まれて来るんだよ。
一部のお金持ちの家の子を除いて。
与えられた同条件の1日24時間をどう過ごしたかで3年後10年後の環境を自ら変化させられるかどうかが決まるだけ。
オレは・・君が遊んでる時に仕事してただけ。
オレは・・君が仕事が上手く行かないと悩んでる時に行動を起こしただけ。

20140505-041843.jpg
オレは私だって一生懸命やってます?
あっそう・・。
本物の言葉を聞き入れられないのは、「今までこうやってきた」という自尊心が邪魔しているのに過ぎない。
一度全てを捨てることが出来なければ、成長過程の壁も破れず、本物にはなれない。
全てを知って原点に戻るのが、プロ。
全てを知っているように思い上がり、「不知の知」を知らず、原点に戻れないものが、素人。

特に初対面から理想論だけを掲げる人には気をつけたほうがいい。
そのままを鵜呑みにすると、大きくしっぺ返しを喰らうことになる。

誠実さには、「NO」という言葉や多少の抵抗は存在するものであるが、調子の良さは、思わせぶりな言葉を吹聴して、その言葉に対して何の責任も持たない場合が大半やった。

少し激論ぽくなりました。

すいません。

では、また♪

GACKTのOH!MY GACKTで執筆中です。OH MY GACKT