女性の社会進出がこれからの日本を変える・・。

しかし・・今年は本当によく雪が降りますね。

最近は、年末から海外へ出かけて、いろんな国にで勉強して帰って来て思うのが、日本て昔に比較してパワーダウンしてるなあ。

本当に肌で感じます。

この間、自民党の野田聖子 総務会長が国会で女性がもっと活躍出来る社会にしなければならないと熱く語っておられました。

IMG_5392

 

でも、本当にそうですよね。 ジェムケリーはジュエリーショップなので女性は多いのですが、結婚して子供が出来てしまうと、復職はなかなかという感じだったのですが、先頃、藤田副社長ともイロイロと考えて、30代〜60代の既婚女性が働ける職場環境の整備をGemCEREYの姉妹店のDICHAから始めて行こう!という事に今年は決定しました。

まずは東京の飯田橋店!

shopIidabashi

 

  • DICHA飯田橋 リクルート情報

  • 主婦の方のご応募も歓迎!
    素敵なジュエリーに触れながら働いてみませんか?
  • 40代・50代・60代も活躍できる職場!
  • 勤務時間もご相談できます!
    自分の空いた時間を有効に活用してください!
  • 土・日完全休みのシフトも可能!
    仕事と休みのメリハリもきっちり分けれます!
  • 未経験者を歓迎します!(研修あり)
    宝石の知識や販売の経験がなくてもしっかり基礎から学べます。  詳細は→ココ

ぜひ、お待ちしております。

モチロン!DICJAの他店でも、同様にお待ちしておりますよ。

img_index01

 

結婚・出産後も仕事を続けたい女性=84.6%、仕事を続けて欲しい男性=82.4%(ユーキャン調査)

女性が出産後にいったん仕事を辞める割合は6~7割で、日本の独特なM字カーブを描いているといわれるが、国際的にみると、例えばフランスやドイツ、アメリカにはこの谷がなく、

結婚・出産しても働き続けられる国々。それに対して日本では改善傾向はあるものの、まだこの谷がある。韓国でも全く同じ現象が見られる。

厚生労働省の調査によると、会社を辞めた一番の理由としてあげられたのは「勤務時間があいそうもなかった」「職場に両立を支援する雰囲気がなかった」だという。

これは女性だけの問題ではなく、男性の問題でもある。

より勤務時間が柔軟であることが必要だと感じDICHAでは柔軟な勤務体系に答えられるようにしようと考えてみました。

 

出来る出来ないは別問題として、他国の人が出来ることなら自分にも出来る可能性はあるはずである。

人の出来ないことをやることで、さらに追随する人の可能性も開けてゆく。これは社会への貢献でもある。

では、また♪

 

OH MY GACKTでも中野猛のコーナー執筆中です。→ここ