再挑戦 We will never give up!

もう、今日は肌寒くて、すっかり秋ですね。

21周年を迎えて、22年目がスタートしました。

この間も書きましたが、改めてまだ会社が存在してる事や、新たな挑戦に燃えられる自分が幸せだなあと思うんです。

もう、ゆっくりしたらとか、少し趣味を楽しんだ方がいいんじゃないですか?

世の中で長く現役をつづけてるプロフェッショナルと呼ばれる人って、最初の動機は「お金持ちになりたい」「異性にモテたい」「カッコ良くいたい」「いい車にのりたいとか」etc・・

そんな単純なことから始まってると思うんです。 もし、最初からオレは私は世のため人の為になんて言う人がいあたら、そんな人は本当に信用出来ないですね。

少しづつ小さな成功を積み重ねて意識の方向性に変化が出ると思うです。

社会貢献に目覚めたり、本当にいいモノを作って人を喜ばせたいとか。

そして、自分のENDについて考えるようになる。

でも、ある程度のとこまで行って、リタイヤする人と、その先を見たいと思う人の違いって何かなあ?

去年は、私にとってリタイヤできる、いいチャンスだったと思うんです。

お金という側面だけで見れば特にそうでしたねえ。

でも、つづけてる。

それで自問自答してみたんです。

結局、私は仕事が好きだし、接客が好きだし、 Sacramento web design services モノ作りが好きだし。

答えは、そこにあったんです。

2011-11-11 16.45.24

(GemCEREY AOYAMA)

結局は理屈抜きで仕事が好きなんですね。そういうのは理屈じゃないのかも知れない。 仕事が出来る人って常に好奇心で溢れてますよね。 昔から先輩でも二種の人がいましたねえ・・。

「こら!小童!オレが教えてやる」。やたら上から目線の人。 「何で、そんなに売れてるの?ゆっくり話しよう」。ご飯どう?この時点で当時若かった私と同じ目線に立って何かを吸収しようとしてる。

こういう先輩はやはり、今でもスゴい。

上から目線で最初からモノいう人って、ああ、この人終わってるなあ。ここが終着点なんだろうなあ。

やはり、今はとうにいない人が多い(苦笑)

IMG_4453

(GemCEREY GEREZZA)

振り返ると初めてネクタイ締めた新人の私が、初めてお客様に商品を買って下さった感動を思い出す。

スゴく嬉しくて、楽しくて・・。

そして、多くの顧客が自分を応援してくれるようになって。

この気持ちに日々立ち返って仕事楽しんでます。

でも、ダメな接客スタッフ、いつしか楽しくなくなってしまってる。

毎年、新人が入ってくると生き生きと仕事してる。

大事なことですよね。

人間は考えるという素晴らしい頭を持っているが逆に、希望の無い未来を考えるのに使う人もいる。使い方を誤ると、つまらない人生に終わる。

では、また♪