少しづつ・・・

今月も本当に後10日で終わります。

今年は20周年という大きな節目の年でした。1992年10月02日ここ京都に従業員たった7名の小さな会社が産声をあげた….。

こんなに大きくなるとは思わなかったけど、大きな「夢」抱いて、歴史と文化が詰まった京都の街に来たことは忘れません。

自分たちの記念すべき年に数多くのことがありすぎて、大いに反省したり、勉強し直したり。そして、本当にお客様に支えられて生きてるんだなて心から実感させられました。

今年はいろんな意味で苦しみました。でも、生き残り、「RE BOOT」の準備に入る事ができたのは、何があってもジェムケリーが好きと言って下さるお客様のお陰です。

この場を借りて心より感謝します。 本当に本当にありがとうございます。

そして2013年からのロゴは銀→金へ 山型→真一文字(これは一からのスタートを意味します)へ変更します。

 

販売手法、接客、商品を全て一新して新たなスタートを切りたいと考えています。 でも、メインはアレキです。アレキサンドライトという神秘の宝石に魅せられた想いは、今も克明に覚えています。

アレキサンドライトは1830年、ロシア帝国ウラル山脈のエメラルド鉱山で発見されました。この鉱物は不思議なことに、 昼間に見たときは緑色だったはずなのに、持ち帰り夜ローソクの光の下で見てみると、赤色に変わっていたのです。

「これは神のいたずらに違いない。」と鉱夫たちの間で大騒ぎになりました。そして、これは大変な石だという事で、 当時のロシア帝国皇帝ニコライ1世に献上される事になりました。

その日4月29日は皇太子アレキサンドル二世の12歳の誕生日だったため、 この非常に珍しい宝石にアレキサンドライトという名前がつけられました。

また、軍服の色が赤と緑だったロシア人にとっては、お守りとして特別な価値のある石となりました。何と劇的な感動を与えてくれる宝石なんでしょう。 これからも素晴らしいアレキサンドライトを皆さんに紹介させてもらいたいと思います。

 

何かまた、一つ強くなれた気がします。最初は人を恨んだり、愚痴をこぼしたり、何で普通の人の何倍も働いてきたのに自分ばかりが苦労するんだ!何て思ったりもしたんですけど、結局は自己責任なんですよね。人を恨んだり、人にあたったりしても、何も産まれない。それで結局、苦難を乗り越える最善の治療方法を探し求めたら、行きついた答えは何かを始める事でした。そしたら、少しづつ状況が好転し始めたんです。

人の荒さがしを1日中ネットで探したり、書き込んだりしてる人もいますが、心が荒み人相も悪くなるのでやめた方がいいと思います。 人は明るい話や良いところを見つけて接する方が多くの人が集まって来るし、いざというときも必ず誰かが助けてくれます。

では、また♪