夜明け前・・

2012年の11月も下旬ですね。

ありきたりの言葉ですが「夜明け前が一番暗い」と言いますがこの間、知人のゴルフコンペがあり、久しぶりに家を出る前は、まだ真っ暗だったのですが、少しづづ明るくなって行くさまが、すごく綺麗で、これが瑠璃色なんだなあ・・思わずシャッターを押してしまいました。

人の人生も悪いことがあっても、他人のせいにせず、まず自分の行いをもう一度見直し、反省し改善して新しい一歩を踏み出せば、こんなに神秘的で美しい夜明けを見ることが出来るんだなあと思いました。

春夏秋冬、朝、昼、夜、時間の経過と共に光度も温度も風景も目まぐるしく変化するように、同じ状態がずっとはつづかないんですよね。

季節も春を迎える前が一番寒いですからね。

少し遅いですが、秋を感じてます。毎年、秋は紅葉の「紅」にメインをおきながら「秋」を感じて来たのですが、なるほど「黄」があるから、「紅」がこんなにも引き立つんだなあ・・。

何か、この歳になって初めて気がつきました(汗) 何か新事業をミスして赤字を出し財産を減らすことは、辛い事ではありますが、案外立ち直れるものです。(経験済み)

しかし、信用を失うのは企業としては致命傷にも近い大きな、大きな痛手です。赤字なんか屁でもない。

でも、絶対絶命に近く全てを失うのは、前へ進む勇気を失うことなんだという事を学びました。 一歩前へ踏み出して「行動」してるうちに「チャンス」が巡ってる・・。 まあ、不思議なものですね。

全ては「気」なんですねえ・・。

今年もクリスマスのディスプレイが始まりました!少し、いつもより派手さに欠けますが、是非!ジェムケリーへ足をお運び下さい!

 

飛躍・発展のチャンスというものは、最大のピンチ、絶体絶命の状態から生じる場合が往々にしてあることを忘れてはならない。
だから、そういうときこそ「夜明け前が一番暗い」と考え、やがて朝日が射し込んでくることを期待し続けることが大切なのである。

では、また♪