中野猛オフィシャルブログ

営業開始から20年経ちました・・。 企業生存率

平成4年10月2日、京都の15坪のオフィスからスタートして20年が経ちました。

今回は、皆さまに、いろんなカタチでご迷惑をかけたことを再度、深くお詫び申しあげます。

早いようですが、振り返るといっぱい想い出が詰まった20年です。 ジェムケリーは、僕が資本の半分を出して社長になり、前の会社の部下であり、親友であり、最高のパートナーだった、元ジェムケリーNO2(敢えて名前は伏せますね)が半分を出してくれてスタートしました。 5年後に、彼は自分の夢をかなえるべく、お互い別々の道を歩み、やはり彼は最高の経営者になりました。そして、今日、出社すると大きな色とりどりの花が届けられてました。

この間も久しぶりに長電話して「社長なら大丈夫ですよ!絶対に大丈夫!」その言葉に大いに励まされました。 彼はやはり僕にとって、今もベストパートナーです。

先頃ですが弊社で実施した20周年パーティーで先輩が企業の生存率のお話をされてたので、少し調べてみました。

起業してから期を重ね、いろいろな困難を乗り越えて会社は経営されていきます。その会社が倒産せずに、経営されていくことを生存率と呼んでいるようです。

調べてみると、企業の生存率は以下の通りです。

設立1年=40%

設立5年=15%

設立10年=6%

設立20年=0.3%(ジェムケリーはここまで来ました)

設立30年=0.02%

1年で60%が倒産もしくは解散し、5年で85%が、10年では94%がそうなるそうです。

上記の数字を見ると今日までジェムケリーが生き残って来れたことに心より「感謝」して、今回の件を大いに「反省」 して社会に貢献できる会社になるべく、次の30周年(生存率0.02%)を目指します!

今回、自分で心に誓ったのは、最初、誰しもが失敗の原因を世間や他人のせいにします。僕も例に漏れずだった気がするのです。でも、失敗は結局は己自身にあると自省しました。

幸も不幸も、何らかの意味があるんだし、それを糧に飛躍を目指したいと心から思いました。

 

では、また♪

 

limo san diego