中野猛オフィシャルブログ

夏も終わりですね・・・。

お盆を過ぎると毎年ですが、「ああ・・夏が終わるなあ」そんな感じです。

今年は、東京出張のため「五山の送り火」を京都で見ることが出来ませんでした。

今年は20周年という特別な感情もありますが、自分自身も会社も180度大きく舵を切らねばならない「変革」の年でもあると思っています。

自生には転換期というものがあると思うんです。自分の中でも、いくつかの転換期を経て、今があるのですが、今年は、その中でも、僕が「販売の世界に飛び込んだ第一転換期」、そして、「独立して会社を興した第二転換期」に匹敵する大きな転換期だと感じています。

会社というのは、5年サイクルくらいで時代の変化に合わせて変化して行かねばなりません。 変化や変革には蛇が脱皮するように、蛹から蝶に変化するように・・しかし、その為には大きなエネルギーと痛みが伴います。

まあ、脱皮できない蛇は死にますからね(苦笑) そんな、熱い思いを込めて作ったリングです。

そして、時計も完成しました。大きな時代の変化の中でジェムケリーも大きく変化の時を迎えています。

既存のものは古くなる。あらゆる意思決定と行動が、それを行った瞬間から古くなりはじめる。 だから、通常の状態に戻そうとすることは不毛なんですね。

通常とは昨日の現実にすぎないということだと理解してても、昨日を切り捨てていない自分がいたのが歯痒く思います。 最終決定責任は最高責任者である自分なのに、側近の意見にぶれたり頼ったりしてるうちに変化に遅れてしまう。

組織が成長している時は強いリーダーシップなんて必要ない。変革の時こそ強烈なエネルギーでリーダーシップを発揮しなければネクストステージに全員を連れて行けない。

 

さて、これから経験したことのないスピードで変化を起こそう。まったく新し景色を見に行くために変革を起こそう!いままで経験がないからこそ、変化を楽しむ人にとってはとんでもない面白さだ。

組織は面白くないと・・・ゲームの開始を楽しもう。

では、また♪