中野猛オフィシャルブログ

商品と向き合う

11月に突入しました。

2018年も後2ヶ月を切りました…。

今年は肉体改造とゴルフに真剣に向き合っていたら1年が終わりそう、、、(汗)

そんな感じです。

とはいえ、宝石商として1番大切な12月がやって来ます。

自分のジュエラー人生を振り返るとアレキサンドライト無くして語れないと思っています。

 

呉服屋として創業して間もなく宝石も並行して取り扱って行く中で出会ったのがアレキサンドライトでした。

光線で色が変色する!?何て不思議な宝石なんだろう?

業界の常識がダイヤモンドだった時代背景の中でアレキサンドライトを宝飾品事業の中心に置くのは、かなりの無謀な判断だったと思います。

しかし、アレキサンドライトは業界の常識に反して売れました。

大切なのは、業界の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることなんですよね。

もっともらしい考え方などに新しい問題の解決策ってないんです。

しかし、宝石業者を26年も営んで業界のスタンダード商品であるダイヤモンドの取扱いはどうなの?

と問われると…?

ダイヤモンドも弊社なりの価値観の中で発見した最高のダイヤモンドがあります。

アマラントダイヤモンドといいます。

ロシアの国営工場のクリスタル社でカットされる実に珍しいダイヤモンドです。

アマラントダイヤモンドは、形・光沢性に優れた世界中でも10~20%という希少性の高いロシア産ダイヤモンド原石を材料とし、ロシア政府が90%出資するロシア最大の研磨工場「クリスタル社」との提携により誕生しました。

特徴としては星が浮かび上がります。

 

従来のカットに比べて、技術的にも非常に困難なカットであり、カットするには熟練した技術と時間が必要なアマラントカット。その卓越した技術をもつ研磨工の手作業により生まれるのがアマラントカットです。

基本的に宝石に中古品という概念は存在しません。

が、以前に誰が所有していたか?やはり、ヴァージンルース(誰も所有したことの無い裸石)が良い。

そんな方々も多数おられるかと思います。

 

このアマラントカットは唯一全てがヴァージンルースです。

それから,,,久しぶりにアートも扱い始めました。

ディズニーさんのアートです。

C3@2xディズニーアート

A4@2xディズニーアクリルアート

このアクリルアートは業界初なので見応えがあります!ご興味のある方は是非!→ここをクリック

そして、最後になりますがBijoudeブランドを立ち上げる際に大変お世話になったNMB48の山本彩さんがNMB48を卒業されました。

私も万博公園のコンサートには行かせていただきました。

そしてそれを記念して卒業ジュエリーを作らせてもらいました。

IMG_7967IMG_7968IMG_7966カレッジリングならぬカレッジネックレスですね!詳しくは→ReBoot×山本彩 卒業記念ネックレス

まあ、久しぶりに商品の紹介をさせていただきましたが…。

組織のトップに長く就いて、今更ながら気づいた」ことがあります。

「業績を上げた人は給与を与える。役職を与えるのは、それに相応しい人物に与えることをしないと組織は崩壊する」。

当たり前といえば当たり前なのですが、日々の仕事の中でつい見誤ることがあるのです。

人間は日々反省ですね。

To be continued